2014年10月12日

里親希望者さまへのお願い(必ず読んで下さいね!)

子猫たちの里親を希望される方へ
(この記事はTOP固定です。最新日記は次の記事からとなります

譲渡に当たっては、「お譲りできる条件」「お願い事・お約束事」があります。
また、猫を飼う事はお金や労力のかかる事でもあります。「猫の飼い方」の本などを読んで、猫を飼う事のメリットデメリットを確認し、今一度ご家族で良く話し合って、本当に飼うかどうかをお考えくださいね。
環境省のパンフレット「めざせ!満点飼い主」も、犬猫を飼うにあたっての心構えとして重要な事柄がまとめてあり、参考になります。是非ご一読ください。
http://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/2_data/pamph/h2109.html
環境省「住宅密集地における犬猫の適正飼養ガイドライン」には更に具体的内容が書かれています。
http://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/2_data/pamph/h2202.pdf

※この記事は、修正や追加をすることもあるかもしれませんので、里親応募する前に、再度確認をお願いしますm(__)m


☆譲渡対象のご家庭

1.お住まいの地域(飼育するおうち)が、石川県(能登は羽咋市辺りまで)・富山県(富山市・氷見市辺りより石川県側)のご家庭。
2.現在および今後も動物の飼える住居にお住まいのご家庭。
3.独り暮らしではない方。(ご家族と同居の方。)
4.猫が寿命を迎える15〜20年後も、介護や通院が負担とならない家族構成の方。
5.猫を迎える事について同居する家族全員が賛成し、皆で協力してお世話できるご家庭。
6.同居のご家族全員に、動物アレルギーがないこと。

※3.については、猫との暮らしを強く望んでいる方で、なおかつ飼主さんに万が一のことがあっても万全のフォロー体制のある方であれば、お話を進めることができる場合があります。


☆里親様へのお願いとお約束ごと

・オスもメスも、成猫になる前に必ず不妊手術をして下さい。
完全室内飼育(脱走対策)をして下さい。
・猫と人間の生活空間を分離せず、家族同様に一緒に過ごして下さい。
・猫の健康に気を配り、毎年のワクチンと、病気や怪我の時は病院に連れて行って下さい。
猫の最期を看取るまで、一生大切にして下さい。
・環境省のパンフレット「動物の愛護及び管理に関する法律のあらまし」を読み、法律を守った飼育をして下さい。
http://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/2_data/pamph/1903.html
・環境省のパンフレット「いつもいっしょにいたいから」を読み、突然の災害に対する心構えを持っていて下さい。
http://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/2_data/pamph/h2309a/full.pdf


☆里親様決定までに関するお願いとお約束ごと

・やり取りはメールで行います。ご連絡いただいた時にすぐ返信できない場合もあるかもしれません。夜中のメールが不可の方は、その旨お知らせください。
プライバシーに触れる内容をお伺いすることもあるかと思いますが、お許しください。
・希望の猫について知っておきたい事、ブログの情報ではわからない事など、不明点や疑問点はどんどん聞いてください。
・メールにてお互い不明点がなくなり、納得できましたら、猫とお見合いをして印象を見て頂きます。
・猫の受け渡しは、里親様宅にて行います。
・譲渡前に、お試し期間を2〜3週間設けて、ご家族と猫との相性を確かめて頂きます。
・譲渡時には、里親募集掲示板の規約に従い、誓約を取り交わします。
・お金の話で心苦しいのですが、ワクチン代、駆虫代の里親(飼い主)ご負担にご協力をお願い致します。(お医者様に「最初の費用を渋る方は、病気や怪我でも病院に連れて行かない傾向がある」と忠告されたためです。)
<参考>検便&レボリューション(駆虫)1回+ワクチン1回の場合、6000円程度、ワクチン2回であれば9000円程度です。

以上、ご了解いただけます方は、猫の里親応募アンケートにお進み下さい。
どうぞよろしくお願いいたします。
ラベル:子猫里親募集
posted by イクラ at 08:09| Comment(0) | 里親様へのお願い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月26日

子猫を迎える準備をしよう♪

こんにちは。ナレナレ修行係のフサB。です。

我が家から子猫がお試しに旅立つ時に、里親候補のお宅にご案内している内容を紹介してみます。
子猫を迎える方にも少しは参考になるかも??? 


お試しまでに最低限必ず準備して頂きたいのは、フード・食器・猫トイレ本体・猫砂です。
ケージはあった方が良いのですが、完全隔離できる部屋があるのであればなくても大丈夫。
大掃除や来客など・・・猫が大きくなった時に使うシーンを考えてご購入ください。
(私は貸出もしています。) 

以下、詳細

★「食事」について

健康の基本は食事と考えて、フードは良いものを与えています。
ウェットフードには、おなかの調子を整える「ビオフェルミン細粒」を、添付のさじ1杯分振り掛けています。

★ドライフード
原材料が肉類メインかつ着色料などの不要な添加物のない製品であればOK。
大豆ふすまなど穀類カスは、肉食獣である猫には腸に負担がかかるそうなので、できるだけ避けて下さい。

<我が家で使用しているフード>

・ロイヤルカナン キトン36(4ヶ月以降1歳まで)←☆お勧めNo.1☆
http://a.r10.to/hLy5J1
・パーフェクトフィット子猫用
・PURINA PROPLAN デリケートな子猫用
・PURINA ONE 子ねこ用
・メディファス 子ねこ用

・・・など


★ウェットフード
子ねこ用の「総合栄養食」をご用意ください。
(「一般食」とあるものは、おやつのようなものです)

<我が家で使用しているフード>

・ロイヤルカナン ウエット キトン(ウェットフード)←☆お勧めNo.1☆
http://a.r10.to/hGc80l
・カルカンウィスカス パウチ 12カ月までの子ねこ用

☆ドライとウェットは、別々の皿に入れて置いています。ウェットフードは腐りやすいので、置きっぱなしにしないよう気を付けます。特に夏場は注意です。

ロイヤルカナンはホームセンターにはなく、ペットショップでも売っていますがちょいとお高いです。
上記のリンク(楽天市場のwildberryparkという店舗)は1900円お買いもので送料無料ですし、価格もお手頃です。2s2300円くらいです。

カルカンパウチは、金沢辺りではVdrugで55円で売っていたのが最安です。

ビオフェルミンは人間用で、薬局で売っています。
獣医さんにも確認し、おなかの調子を整えるためあげています。
環境の変化などちょっとしたことでもおなかがゆるくなりがちなので、私は子猫には必ずあげています。


★食事以外の準備について

・ケージ
ケージは幅90センチ程度で2段以上ありませんと、大きくなった時に役に立たなくなります。
スチール製のケージは安価ですが、重くてさびやすいです。お勧めは、アイリスのプラケージです。

・食器(フード入れ×2、水入れ)
お皿は洗い替えが必要ですので、高価なものでなくても100均の人間用食器で底が平らで適度な深さのある安定感のあるお皿で十分です。
重さのあるグラタン皿も適しています。
重ねてストックできるものが、片付けの場所を取らず便利です。
IMG_8639のコピー_RIMG_8642のコピー_R
100均人間用食器。左:内径12センチ、右:内径8.5センチ 成猫になった時、右のサイズはひげが引っかかって食べにくい。左のものは角も曲面となっており、猫が食べやすく、食べ残しが少ない。

・寝床
ペットベッド、座布団、フリースなど。ありあわせでかまいません。高価な猫ベッドでなくとも、しまむらや赤のれんのふかふか座布団で猫は喜びます。ちなみに、我が家では円ざぶ(人間用)が子猫に絶大な人気を誇っています。

・爪研ぎ
ダンボール製は安価ですがかなりチリがでます。カーペットタイプの爪とぎポールは不動の人気です。ニトリなどの厚めの台所マットなんかも猫に人気のようです。

・トイレ本体
いろんなタイプがあります。私はシステムトイレが好きです。フルカバータイプであれば、臭いや飛び散りが軽減されます。

とりあえず、「ニャンとも清潔トイレ 子猫用」のモニターに申し込んで下さい。
http://www.kao.co.jp/nyantomo/cp/monitor/index.html

・猫砂
便が緩くなりがちな子猫には、「トフカスK」がお勧め。
流せる紙の猫砂は激クサな上、粉も出るしボロボロになるし、私は苦手です。
システムトイレ用猫砂は持ちがよく消臭力も強くて愛用していますが、緩い便で壊滅するので、使用するのは体調の安定する生後半年〜1年以降が良いと思います。
とりあえず、トフカスのサンプルをこちらで申し込んで下さい。
「トフカスK」もサンプルでいただけます。
http://www.pgt.jp/otoku.html

トフカスは、システムトイレで使っても、尿がかかって固まったものの、端から崩れた砂が、すのこ下に落ちてくれるので、砂が長持ちします。

・キャリーバッグ
病院や災害時など、移動に必要です。必ず準備して下さい。

・猫用爪切り
100均セリアの爪切りもなかなか良いです。後からおいおい準備してもOKです。

・猫用首輪・迷子札
首輪は、万が一の脱走時に「飼い猫である事」の目印となり、迷子札をつけておくことで、おうちに帰るための重要な手掛かりとなります。
☆猫の所有者を明らかにするための迷子札やマイクロチップ装着は、法律で定められた飼い主の責務です。
迷子札は落としてしまうことも多々あるので、首輪本体に直接、連絡先電話番号と飼い主の名前を書き込んでおくのがベターです。
また、首輪は万が一の首つり事故防止の為、必ず猫用のセーフティ首輪にします。犬のように外れない首輪をした子が、木の枝や物干しに引っかかって首つりになる事例は多いそうです。
首輪が外れては所有者明示の役に立ちませんが、猫の命には代えられません。


↑ウチの猫も愛用中。軽くて猫の負担にならない安全な首輪。めちゃめちゃたくさんの柄を扱っているので、絶対お気に入りが見つかるはず。1本700円又は750円。送料全国一律160円。


↑楽天ショップ「56にゃん」には、かわいいおもしろい安全首輪がいっぱいです。
posted by イクラ at 15:25| Comment(0) | 里親様へのお願い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。